研究領域



周波数資源の有効利用を図る研究開発
(第5世代移動通信システムを含む)

電波資源の有効利用と端末の利便性向上を図る新世代移動体通信ネットワー クの実現を目指して、電波の状況に応じて、複数の異なる無線方式を最適に使い分けるコグニティブ無線技術やヘテロジニアスネットワーク技術の研究開発を行っています。

関連プロジェクト


無駄な電力消費の削減を図る研究開発

無駄な電力消費を削減するために、必要なときだけ無線LANアクセスポイントを起動させる無線通信ネットワーク技術の研究開発を行っています。

関連プロジェクト


クルマや歩行者がコミュニケーションして事故を防ぐ研究開発

交通事故などのクルマ社会の問題の解決をはかるため、クルマどうしが通信し、車両位置や緊急車両接近などの情報を速やかに伝えることにより安全運転を支援するITS(Intelligent Transport Systems)通信技術の研究開発を行っています。

関連プロジェクト

  • 移動体間端末協調衛星測位技術(平成23年度~平成25年度)
  • 安全運転を支援する高レスポンス車車間通信技術(平成17年度~平成21年度 )
  • ユビキタスITS(平成17年度~平成19年度)

無線アドホックメッシュネットワークの研究開発

たくさんの人が瞬時に情報交換できるように、インターネット技術を使った電話機や、ゲーム機、ビデオカメラ、センサなど、多くの機器が基地局を介さずに無線でつながるアドホックメッシュネットワークにおいて、通信を快適でスムーズにするための研究開発を行っています。

関連プロジェクト

  • 高レスポンス無線メッシュネットワーク技術(平成17年度~平成21年度)